歯肉(歯茎)の病気は細菌が増殖してくる

歯肉炎とは、様々な要因で起こる歯肉の病気のことです。
※参考ページ→歯肉炎について

歯肉とは一般的に歯茎のことをいいます。

原因として考えられるのは、歯垢や歯石といったものがたまっていることで炎症をおこしてしまったり、薬物の副作用の1つとしてみられることもあるでしょう。

また、ビタミンCが欠乏している状態ですとか糖尿病などによっても引き起こされます。

更には、妊娠をキッカケに歯肉炎になるというケースも。

こうした様々な原因が考えられるのですが、その多くは歯石などがたまってしまうことが多いようです。

歯垢や歯石がたまってしまうと、細菌が増殖してしまうのです。
このことから炎症症状が現れてしまうのです。

日常的にしっかりと歯磨きをすることはもちろん、月に1回程度歯科などでクリーニングを行ってもらうと歯肉炎にかかりにくいといわれています。

具体的な症状についてですが、歯肉が赤く腫れてしまうのが特徴的です。

そのことによって歯磨きや食事などをしたときに、それらが刺激となってしまい歯茎の出血が見受けられることも。

しかしながら、痛みが殆どないというところから放置をされてしまう方もまた多いようです。

慢性化する危険性もありますから、症状が見受けられたときには速やかに受診されることをおすすめします。

症状が進行してしまうと、歯肉炎が慢性化してしまうこともあるのです。

そのことによって、肥厚性歯肉炎というものになってしまい歯肉が増殖します。

潰瘍が出来る場合もあり、このようなときには激しい痛みを感じることも。

また、口臭が強くなるという特徴も現れます。

更に放置をすることで、歯が抜けてしまう場合もあるのです。

治療に関しては、原因となる歯垢や歯石を取り除くことが第一です。

更には、予防を行うことも大切になってきます。
※参考ページ→虫歯や歯周病を徹底的に防ぐ「歯磨き力」

ついてしまった歯石は自分自身では中々取れないものですので歯科医に施術をしてもらう必要性が出てくるでしょう。

糖尿病などの疾患が原因である場合、それらの治療を行うことで歯肉炎の症状もおさまるでしょう。