口の中にできる口内炎は結構沁みる

口内炎は、多くの人が経験している病気の1つでもあるかもしれませんね。

口腔の粘膜に炎症が起きることを口内炎と呼ぶのです。

原因として考えられるのは、口腔内にある細菌のバランスが崩れ、特定の細菌が増殖する事によっておこるのです。

では何故バランスが崩れてしまうのでしょうか。

考えられることは、体力の低下や免疫力の低下、虫歯や入れ歯などによって刺激が起こると口内炎を発症します。

また、全身性の疾患をわずらっている場合においても口内炎を発症する可能性が高まります。

栄養不足ですとか妊娠など様々な要因が考えられますが、中には原因不明であることも。

ビタミンですが主にB、Cの摂取不足である場合が多いようです。
※参考ページ→口内炎に効く食べ物

症状は先ず、目視できるものは赤みです。

更に食べ物を飲んだり食べたりという事が刺激になって、しみると感じたり痛みを覚えることもあるでしょう。

症状が進行してしまうと、飲食が出来なくなったり全身症状が現れるケースも。

粘膜の症状としてはいくつかのものが見受けられます。

潰瘍性と呼ばれる、切れたり出血をしやすくなるもの。

水疱性と呼ばれる水ぶくれになる状態。

びらん性と呼ばれるただれている上体。

偽膜性と呼ばれる黄白色のコケのような膜で覆われているもの。

赤斑性と呼ばれる扁平で赤くまだらになっている状態。

などのものがあります。

治療は原因ごとによって異なってきます。

患部に副腎皮質ステロイド剤や抗生物質の軟膏を塗るのが一般的です。
※参考ページ→抗生物質の種類

また、口内を清潔にするという意味合いからうがい薬などが処方されることもあるでしょう。

大きなものとなっていたり、飲食が出来ないほど痛みが伴うという場合は、患部を焼くという処置が為される場合もあります。

内臓疾患からくる口内炎である場合は、原因の病気を中心に治療を行うこともあるでしょう。

ひごろから口腔内を清潔に保つこと・ビタミンや栄養バランスを考えた食事を取ることで口内炎を予防することが可能ですので気をつけると良いでしょう。