普段、あまり気に留めることがない口内について。

ここで改めてその構造などといったことについて触れて行きたいと思います。

口内は、舌・歯・口蓋・唇・頬というものによって作られています。

口腔(口の中)は上記のものに囲まれた空間のことを言うのです。

口内には歯があります。

この歯ですが、32本あり、口腔底には舌と左右に頬があり情報には口蓋が存在します。

更に軟口蓋後部の中央には口蓋垂があり、咽頭に繋がっているのです。

役割としては皆さんもご存知のように食べ物を噛む・味覚を感じると言ったものをはじめ、口腔内にある唾液での消火活動や声を作り出すなどといった腹滝があるのです。

食べ物の咀嚼は、顎の上下運動によって噛み砕き、唾液と混ぜることで消火活動を行います。

その際に、舌も使いますが下には「味蕾」と言われる細胞によって味覚を感じ取るように出来ているのです。

この味蕾があるから、苦い・甘い・辛い・すっぱいなどと言うものを感じることが出来るのです。

更には、唇や舌を自然に微妙に調節をすることで、声帯を振動させます。

この振動がはっきりとした言葉というものを作り出すのです。

口腔内の歯に関してですが、噛み砕くためには歯冠と、それを支える歯根(歯茎)によって構成されています。

歯冠の表面はエナメル質と言うものでコーティングされています。

このエナメル質は非常に硬くものを噛み砕いても破損し内容になっているのです。

内部においては、象牙質と歯髄空という空洞から成り立っています。

歯髄空には、歯髄が走っていて、それが血管や神経と繋がっています。

神経と繋がる事によって、歯が痛くなってしまうことで顎や頭が痛くなってしまうわけなんです。

病気によっては、口腔内のものもありますし歯の病気である場合もあります。

siteinfo

一般的には、歯以外の部分に関しては口腔外科や耳鼻咽頭科などで診断・治療を受けることになります。

歯に関しては歯科の管轄となります。

万が一、何科を受診してよいか分からないという場合は病院・医療機関などの受け付けて適正な診療科目を教えてくれると思いますので聞くようにしましょう。

また、こうした部分においては多くの方が生命の危機や重篤な症状には陥らないという風に考えることが多いと思います。

ですから、受診までに時間が空いてしまうというケースもあるようです。

しかしながら、それが症状を悪化させて治療が長引いてしまったり困難な状況になることも考えられますので、出来れば早い段階で病院を受診するようにしましょう。